D.G.P

子育ての意外な落とし穴

幼稚園に来るまでに意外と
経験していない
「ごっこ遊び」

 

 

その為に友だちとの
貸し借りに一苦労
しているお子さんの多い事!!!

 

オモチャを取られ
びっくりして

固まっている

 

 

オモチャを取られ、
泣いて

大人に頼る

 

オモチャが欲しくて
誰それ構わず
無理やりオモチャを取る

 

こんなお子さんの行動が
見られたら要注意!!!です。

 

 

それは単なる
経験不足なのです。

 

 

もしかしたら
他のお母さんの手前
オモチャを取りそうになったら
取られそうになったら
お母さんが止めてしまったり
かばったりしていませんか!?

 

 

今は、他の人の目を気にして
思う様に体験させられない

 

 

といつぶやきも
聴こえてきます。

 

 

だから、お子様自身で
解決する機会がないので
いつまでたっても
泣いて大人に助けて
もらう方法しか
できなくなってしまいます。

 

 

こんなことをいつまでも
していたら、お子さん自身が
困った時、自分で
解決できる力が

つかないまま大人に
なってしまって

その時になって
大変なことに

なってしまうのは
予測がつきませんか!?

 

その為にできることは
まずは乳幼児期に
貸し借りができるように
やり取りの練習をしておくことです。

 

「ちょうだいね」

「貸してね」

「ありがとう」

「どうぞ」

 

ママと一緒におもちゃを使って
何度も何度も
このやり取りをやって
いきましょうね

 

覚えさせるために
一度に何度もすることでは
ありませんよ。

 

それは単なる強制になってしまいます。

 

 

そうではなく、
貸し借りが必要な時に
適切な言葉の使い方を
意識して伝えることです。

 

ボールを渡す時

絵本を見る時

ごはんを食べる時

2333703411_6bfd90f314_b

どんな時も

この貸し借りの言葉
使ってみましょうね。

 

子どもはこのやり取り言葉を
使うことで
お友だちとのやり取りも
言葉を使うことができていきますよ。

 

 

 

 


2015-09-20


あなたも笑われたり馬鹿にされ嫌な思いをしたことがありませんか

3歳までに天才スイッチをONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です。

本日は、
⑤自分が言ったことを
笑われたり、馬鹿にされる機会が多く
発信することを恐れてしまううち
考えて話す力が衰えてしまう。
についてお伝えします。

あなたは
「こんな事を言ったら
笑われるかもしれない」
「これを言いたいけれど、
反対されるかもしれないから
言わないでおこう。」等と
思ったことはありませんか?

 

実は、小さいお子さんにも
こういった感情は芽生えてしまいます。

 

ちょっとしたしぐさでかわいいと
思ったり、突拍子もないことを
言って、笑ったりすることで
意外と傷ついていることもあるのです。

 

私の娘たち二人はそれぞれ
イギリスとアメリカの大学に留学
した時に同じ事を言っていました。

 

「ママ、こっちは何を言ってもいいんだよ。
こんな事言ったら笑われるとか
考えなくてもいいの!
むしろ、自分の意見を言わない方が
おいていかれちゃうの。」

 

二人とも自分の思いを発信できる喜びを
伝えてきました。

 

私たちは人と比べて評価して
しまいがちなところもあります。

 

でも本当の価値はその本人にしか
ないのです。

 

どんな時でも、受け止めて
突拍子もないことを言ったと
思ったとしてもそれは
自分の想像ができない事で
自分が視野が狭いから
そう思ってしまうのだと自覚しましょう。

 

子どもの発想や表現は
計り知れなく壮大
ですよ。

 

思い切り思うことを言う
思い切り思ったことをやる

 

これを承認していくことで
お子さんのコミュニケーション力が上がり
お友達と楽しく毎日を
過ごしていくことができるでしょう。

%LAST_NAME%様のお役に立てた事や印象に
残ったことがありましたか?

贈ってくださる素敵なコメント・質問等が、
私の励みとなります。

このメールに是非気軽に
一言ご感想を頂けたら嬉しいです。
(こちらのメールに返信でお願いします)

もし、
メルマガが面白い!と思ったら
ぜひお友だちにも、
このメルマガをご紹介くださいね。
登録フォームはこちら
https://www.agentmail.jp/form/pg/1464/1/g

(さらに…)


2014-12-21


決め手はコミュニケーション能力

3歳までに天才スイッチをONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です。

本日は、
決め手はコミュニケーション能力
についてお伝えします。

 

コミュニケーションが上手くいかない
理由として今日は
④核家族化が進み、家族以外の
大人と会話する機会が減っています。

についてお伝えします。

 

専業主婦のママも共働きのママも
お子さんが家族以外の大人と触れ合う
機会を持ってますか?

まだ自分の事で忙しくない
乳幼児期にはパパやママ以外の
大人の人とも交流できる場
持てるようにたいものです。

 

地域の交流やサークル活動
近所のお仲間、親戚など
家族で積極的に出かけて行き、
様々な考え方、価値観に
触れておくことをオススメします。

 

様々な大人と交流すると
①人ははそれぞれ違うのだということを
知る事ができ、自分も違っていいと
思えます。
②大人の会話を聞いているだけで
自分の気持ちや希望を
どのように伝えたらわかってもらえるのかを
自然と学んでくことができます。
③人の気持ちを汲むことが
できるようになります。

これは同年代の子ども達同志だけでは
学べることができないのです。

 

子ども達は同世代では交流することが
あっても異年齢や大人との
交流は意識しないと持てない
時代になっています。

 

コミュニケーション力を磨いて
ありのままの自分で
良好な関係を紡いていくことは
お子さんにとって将来豊かな
人生を歩んでいく一つの強みに
なるのではないでしょうか。

 

%LAST_NAME%様のお役に立てた事や印象に
残ったことがありましたか?

贈ってくださる素敵なコメント・質問等が、
私の励みとなります。

このメールに是非気軽に
一言ご感想を頂けたら嬉しいです。
(こちらのメールに返信でお願いします)

もし、
メルマガが面白い!と思ったら
ぜひお友だちにも、
このメルマガをご紹介くださいね。
登録フォームはこちら
https://www.agentmail.jp/form/pg/1464/1/g

(さらに…)


2014-12-20


テレビの見過ぎは言葉の遅れを助長?!

3歳までに天才スイッチをONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です。

本日は、
テレビの見過ぎは言葉の遅れを助長?!
についてお伝えします。

 

コミュニケーションが上手くいかない
理由として今日は
③ テレビからの一方的な視覚刺激を受け
自分から考えを発信する時間が
少なくなっています。 
についてお伝えします。
私は26年間の保育園・幼稚園
勤務経験の中で、先天的な障害とは違う、
家庭の環境が原因で発達が遅れている
であろうと思われるお子さんが
増えて来たと感じています。

 

TVは悪い影響を与えるという報告書が
米国小児科学会(APP)に提出されています。

発達において重要な期間である
乳幼児期のテレビ視聴時間が、
その後の脳の発達にも大きく影響
するとも言われています。

 

テレビは一方的に情報を送り
脳に刺激を与えます。

 

TVからの情報は受身になり
子どもが自らイメージし、想像力を
働かせる力を奪ってしまいます。

 

テレビを見るのがダメなのではなく
テレビの情報を介して
コミュニケーションをとるきっかけと
なれば良いのです。

 

また、夕方等の忙しい時間は
テレビに子守をさせても仕方が
ない場合もあります。

ですからできる時でよいので
テレビを消し、一緒に絵本を読み、
絵本のお話について語りかける
時間を一日5分でも持ってみましょう。

%LAST_NAME%様のお役に立てた事や印象に
残ったことがありましたか?

贈ってくださる素敵なコメント・質問等が、
私の励みとなります。

このメールに是非気軽に
一言ご感想を頂けたら嬉しいです。
(こちらのメールに返信でお願いします)

もし、
メルマガが面白い!と思ったら
ぜひお友だちにも、
このメルマガをご紹介くださいね。
登録フォームはこちら
https://www.agentmail.jp/form/pg/1464/1/g

(さらに…)


2014-12-19


なぜ、コミュニケーションが上手くいかないのか

3歳までに天才スイッチをONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です。

本日は、
なぜ、コミュニケーションが上手くいかないのか
についてお伝えします。

 

ここ数日間はコミュニケーションに
関してのお話をお伝えしています。

 

友達や人と上手く関わるには
コミュニケーションは欠かせません。

 

コミュニケーションを上手く取れるように
なると人との関係がスムーズになり
トラブルが起こりにくくなります。

コミュニケーション力を磨いておけば
お子さんも友だちとの

トラブルも上手に解決していくことが
できるでしょう。

 

その為に前回までは、
①自分の気持ちに気づき、伝えること
②自分の本当の気持ちに気づくためには
代弁してくれる経験が必要

 

この2点についてお伝えしました。

 

そうは言ってもなかなか
本当の気持ちに気づくことは
難しいものです。

 

本当の気持ちに気づくには
それなりの経験が必要だからです。
要は経験不足なのです。

 

では、経験不足の原因をあげてみましょう。

 

①携帯メールのやりとりで
意思疎通を図るのに簡単な文章で
済ましています。
②活字離れで深い感情や豊かな表現を
インプットする機会が減っています。  
③ テレビからの一歩的な視覚刺激を受け
自分から考えを発信する時間が
少なくなっています。 
④核家族化が進み、家族以外の
大人と会話する機会が
減っています。
⑤自分が言ったことを
笑われたり、馬鹿にされる機会が多く
発信することを恐れてしまううち
考えて話す力が衰えてしまう。

 

まだまだ原因と考えられることが
あると思いますが
これらの社会状況は
人と会話をして理解しあうチャンスを
奪ってしまっているのも事実です。

 

明日から①~⑤までについて
説明し対処法まで
お伝えしていきます。

%LAST_NAME%様のお役に立てた事や印象に
残ったことがありましたか?

贈ってくださる素敵なコメント・質問等が、
私の励みとなります。

このメールに是非気軽に
一言ご感想を頂けたら嬉しいです。
(こちらのメールに返信でお願いします)

もし、
メルマガが面白い!と思ったら
ぜひお友だちにも、
このメルマガをご紹介くださいね。
登録フォームはこちら
https://www.agentmail.jp/form/pg/1464/1/g

(さらに…)


2014-12-17


1秒で泣き止むとっておきのコツ

3歳までに天才スイッチをONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です。

本日は、
1秒で泣き止むとっておきのコツ
についてお伝えします。

 

友達と上手に付き合っていくには
やはりコミュニケーションは大事です。

 

親子、夫婦、友達、同僚、ママ友、等
人との関係を上手く築く為には
自分の気持ちを上手く伝えて
理解してもらうことが必要です。

 

何となくムカつく
何となくイヤ
何となくむしゃくしゃする

 

これではどう解決していったら
よいのかわかりません。

 

自分の気持ちを上手く伝えていくには
まず人から気持ちを代弁してもらうこと
この経験なしでは気づけません。

 

だから、乳幼児期にできるだけ
お子さんの気持ちを代弁して
あげてほしいのです。

例えば、お子さんがころんだ時に
泣いているお子さんに

「大丈夫!大丈夫!平気!平気!」と
声をかけていませんか?

 

これでは泣き止まないと思います。

 

勿論、お子さんを励ます言葉ですし
誰もが使っています。

 

でも、よく考えてみてください。

 

痛い思いをしています。
その時に「大丈夫!大丈夫!」と言われても
「えー、大丈夫じゃないよー。痛いって言っているのに
僕の気持ちをわかってよ!」と
よけい激しく泣いたりしていませんか?

 

「痛い」と言って泣いているのですから
「痛かったね!」と言ってほしいのです。

 

これが気持ちを代弁するということです。

 

「大丈夫!大丈夫!」は大げさに言うと
痛い気持ちを否定してしまっています。

 

まずは、今、お子さんがどう思っているのかを
言葉にして伝えてあげることで
お子さんは自分の気持ちに気づき
安心するのです。

 

「大丈夫!大丈夫!」と言った時と
「痛かったね!」と言った時と
お子さんの反応が明らかに違うのが
わかると思います。

 

これは幼稚園の子どもたち何人にも
試してみたから確信して言えます。

 

お子さんの気持ちを的確に代弁できたとき
「痛かったね」と言った瞬間「うん!」とうなづき
安心するのか穏やかになりますよ。

 

1秒にして泣き止むとっておきのコツは
気持ちを代弁してあげること。

 

まずはお試しあれ。

%LAST_NAME%様のお役に立てた事や印象に
残ったことがありましたか?

贈ってくださる素敵なコメント・質問等が、
私の励みとなります。

このメールに是非気軽に
一言ご感想を頂けたら嬉しいです。
(こちらのメールに返信でお願いします)

もし、
メルマガが面白い!と思ったら
ぜひお友だちにも、
このメルマガをご紹介くださいね。
登録フォームはこちら
https://www.agentmail.jp/form/pg/1464/1/g

(さらに…)


2014-12-16


自分の心の奥の思いに気づくには

3歳までに天才スイッチをONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です。

本日は、
自分の心の奥の思いに気づくには
についてお伝えします。

 

今日は私の過去の出来事からヒント
なることをお伝えします。

私は幼稚園の代表職でしたので
保護者様や教師から毎日
沢山の相談を受けていました。

 

最初の頃はアドバイスをしなければと
思って自分の中にある知識から
アドバイスを行っていました。

 

それが当たる時もあれば
腑に落ちない顔をされて
帰って行かれる時もあり、
的確なアドバイスができない自分に
落ち込んでいました。

 

ある日保護者の方が
「どうすればいいのでしょう」と
相談に来られたので
お話を伺っていました。

 

すると
「あっ、こうすればいいのですね!!!」と、
目を輝かせて元気にお帰りになった姿を見て、
「あー、なんだ。答えを求めて聞きにいらっしゃるけれど
もともと答えはご自分の中にある
ものなのだわ。」と気づいたのです。

 

その数週間後、今度は教師が相談に来ました。

 

私はひたすら「それで?うんうん」と聞いて
いました。するとまた、同じ事が起こりました。

 

「あっ、こうすればいいのですねー!!!」キラキラ~★

 

本当に星が散りばめられたように見えて
輝いて部屋を去って行きました。

 

まただわ。
なんだ、人は答えを求めてくるけれど
実は自分で答えを持っているものなのね!!!

 

私はすぐにネットでもっと人の答えを引き出せる
良い手法はないのかと調べました。

それが
コーチングというコミュニケーションの
手法
だったのです。

 

コーチングを学び始め
プロのコーチに私の話を専属で
聞いてもらうセッションを
毎月2回行っていくうちに
ある事に気づいたのです。

 

それはコーチが私に言ってくれた一言でした。

 

「それは美佳さんが良いと思ったから
やったのでしょう?」と。

 

その一言で、「あーそうだった。私は最初
良かれと思ってやったのだった。
それを理解してもらえなかっただけで
自分としては良いと思ったからだったわ」と
思い出せたのです。

 

無意識に良かれと思ってやったことを
責められ、とても辛い思いをしていた時に
自分としては良かれと思ってやったことだった
という事に気づけた私は、救われた!と思ったのです。

 

自分が自分を認めてあげられたから
スーッと楽になったのですね。

 

この経験はとても大きいものでした。

 

それから、不思議な事に
子どもの気持ちも人の気持ちも
「こうは言っているけれど何か意味が
あるのだろう。その人にとっては
良かれと思って言ったりやったりしていることを
ばかりなのだろう。」と思えるようになりました。

 

自分の気持ちにも
「今私なんでイライラしているのかな?」と
見つめ直すと理由がわかるように
なりました。

 

何でイライラしているかがわかると
気持ちが軽くなります。

 

人を変えることはできないけれど
自分が自分の気持ちを知ることで
自分が変わればいいだけなので
解決策を見出すことができます。

 

このテクニックが使えるようになると
面白い程、親子関係、人間関係
すべて良くなっていきます
よ。

 

それでは実際に
お子さんに対してのやり方を
次回からお伝えしていきますね。

 

これができると自分にもできるように
なります。

%LAST_NAME%様のお役に立てた事や印象に
残ったことがありましたか?

贈ってくださる素敵なコメント・質問等が、
私の励みとなります。

このメールに是非気軽に
一言ご感想を頂けたら嬉しいです。
(こちらのメールに返信でお願いします)

もし、
メルマガが面白い!と思ったら
ぜひお友だちにも、
このメルマガをご紹介くださいね。
登録フォームはこちら
https://www.agentmail.jp/form/pg/1464/1/g

(さらに…)


2014-12-15


自分の気持ちを上手く伝えるためにまずは必要なこと

3歳までに天才スイッチをONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です。

クリスマスキャンペーン終了!!!

お陰さまでキャンペーンセミナーは
全日程が満席となりました。

【満席】12月22日(月)10:30~12:00 

またご縁のある方と来年
お会いできるのを楽しみにしています。

 

前回お伝えしたのは
トラブルを回避していくには
まずは自分の気持ちを言葉にして
伝えることが大切
です。
ということでした。

 

今日は
自分の気持ちを上手く伝えるのにまずは必要なこと
についてお伝えします。

 

どうしたら自分の気持ちをうまく
伝えられるようになるのでしょうか

 

ずばりそれは、自分の気持ちに気づく事なのです。

 

「イライラするわー」
「むしゃくしゃする」
「もーいい加減にして!」

 

こういう時には
なぜ自分がイライラするのか
むしゃくしゃするのか
怒りが出てくるのか
気がつかないものです。

 

自分の思うとおりに行かないから
なのですが、もっと奥の奥に
別の感情が潜んでいます。

 

でもわからないから
子どものせいにしてしまったりします。

 

子どもがちゃんとしないから?
子どもが言うことを聞かないから?
子どもができない子だから?

 

みーんな、違います。

 

子どものせいにしてしまえば
あなたが楽だからです。

 

子どもは良かれと思ってやって
いることばかりです。

 

だから子どものせいではないのです。

 

実は、あなたが思い通りに
いかない時にどうするか
どう考えるのかを
試されているのです。

 

これは人生の生き方すべて
繋がります。

困難な時、人のせいにして生きるのか
自分を振り返り自分をどう修正して生きるのか
試されているのです。

 

あなたはお子さんに人の
せいにすることを教えますか?

 

もし、あなたがお子さんのせいにして
怒っているのなら、それは
そのやり方を教えているのと
同じです。

 

お子さんも人に対して
人のせいにして問題を乗り切ろうと
していくでしょう。

 

まずは、自分が心がざわざわして
揺らいだ時に自分の気持ちを
見つめてみましょうね

 

私たち日本人は自分の気持ちを
押し殺して謙遜する精神を
学んで来ました。

 

ある意味それも必要な時があります。

 

でも、そのうちに自分の本当の
気持ちに気づけなくなって来ているのも
事実なのです。

 

自分の奥にもっと別の感情が
ある事に気づけて来たら
お子さんの言葉の裏にある
気持ちにも気づけてくるでしょう。

 

泣いているのは何でなのかな?
と、深く考察していくことで見えてくるものです。
 

自分の気持ちを伝えるには
まずは自分の奥の思いに気づくことから
始めましょう。

 

それが簡単に出来る手法が
あるのです。

 

まずは自分の奥の思いに気づくことを
意識してみてくださいね。

 

乳幼児期にできることは
もう少し後にお伝えしていきます。

 

%LAST_NAME%様のお役に立てた事や印象に
残ったことがありましたか?

贈ってくださる素敵なコメント・質問等が、
私の励みとなります。

このメールに是非気軽に
一言ご感想を頂けたら嬉しいです。
(こちらのメールに返信でお願いします)

もし、
メルマガが面白い!と思ったら
ぜひお友だちにも、
このメルマガをご紹介くださいね。
登録フォームはこちら
https://www.agentmail.jp/form/pg/1464/1/g

(さらに…)


2014-12-14


1 2 3 4 5 6 8



ブログ