D.G.P

お客様の感想

A. Iさん(弁護士)
伊藤様にコーチングをお願いしたきっかけは、私が、結婚した後も、母親が過干渉であることに悩んでいたこと、また、幼い頃から母に言われてきたことを、無意識に夫にも言い、夫婦関係に影響していることに気づいたときに、伊藤様に出会ったことです。
このままでは、自分に子供が生まれたときに、母と同じことを繰り返してしまうのではないか、という自分のおそれを解消したい、また、今後、母とどう付き合っていけばよいのか、答えを見つけたい、という思いでやさしい雰囲気でありながら、子育てのプロであり、コーチングの技術もお持ちの伊藤様にお願いしました。

コーチングでは、まず最初に、「コーチングを受け終わったあと、自分がどうなっていたいのか」という問いから始まりました。
そして、「それをなぜ望むのか」答えた回答に、また、「なぜ望むのか」と、何度も問われ、忙しい日常ではたどり着かない自分の心の奥を、自分で探るよう、導いて頂いたように思います。
当初、母や夫との関係の悩み相談であったのに、気づけば、自分のライフワークとは何か、自分の軸をどう育てるか、ということを私は言葉にしていました。
そして、このことに対して伊藤様から、意思決定する際には、まず自分を基準にすることで、自分も周りも幸せになる、他人とうまくいかなくなったらバランスをとる調整をすればすむこと、と心強い勇気づけの言葉をかけて頂きました。
その結果、今回のコーチングで得られたことは、今までの自分の悩み、苦しい経験も自分のライフワークのために必要な学びだったと納得でき、自分の経験から得た学びを、発信していこう、と決めることができたということです。
子育てのプロであると当時に、3人のお子さんを育てられた母親でもある伊藤様には
本当に心の奥にあることも話しやすかったです。充実したコーチングをして頂き、本当にありがとうございました。

T.Hさん(主婦)
私は伊藤コーチに、コーチングを受けている感覚はまるでありませんでした。
相談をしている、というか話を聞いてもらうといった感覚だったのです。
当時、中2の娘が中1の頃からだんだんと学校にいかなくなり、表情もみるみる暗くなっていったのです。
なんとか盛り上げて学校にいくようにあれやこれやときっかけを探せば探すほどからまわり。
学校に行かなくなった理由はおろか話をすることもなくなってきたのです。

伊藤コーチと話をするなかで、伊藤コーチは、「うんうん、それで?」と、ずっと聞いてくださいました。
途中で話を割ってしまうことはありません。
と、話していくうちに自分でどうしたらいいか答えがでてくるのです。

コーチはおっしゃいました。
「みんな自分がどうしたらいいか、答えはちゃんと自分の中にあるのよ。」と。
もちろん娘のことに関して1日で解決したわけではありません。
娘の問題のように見えて、実は自分の問題もあったのかもしれません。
自分がかわらなければまわりも変わらない。
それから少しずつ氷がとけるように前に進めるようになってきました。
まだ先のことはわかりませんが、娘は今、前を向こうとしています。
知らず知らずのうちに自分の中の意識が変わり、自ら答えを見つけさせていただいたのが、私にとってのコーチングだったような気がします。

S・Kさん(事業主)
伊藤さんのコーチングの過程は、本当の自分に出会うための強さを私に与えてくれました。
本当の自分に出会う事は、何故だかとても怖く感じ、今まで避けていました。
けれども、それを避けていては、自身の成長や変化は訪れないと悟り、すべてを受け入れ新しい自分を見つける作業に挑む決心をしたのです。
伊藤さんは、そんな私に寄り添うように、手助けをしてくれました。
そして今、私は新しい自分と共に、新たな展開をみせている生活を楽しむ事ができ、感謝の気持ちでいっぱいです。
コーチングの素晴らしさを、是非たくさんの方々に体験していただき、変化した自分との出会いを楽しむ事を、お勧めします。
E・Mさん(会社員)
私はずっと「こうしなければならない」という固定観念にしばられていたので、ずっと苦しい思いをしていたことに気が付きました。
もっと自由な考え方をしていいのだということに気が付かせていただいた事が一番大きな変化だったと思います。

そして、張りつめていた気持ちがすっと楽になり、心が軽くなったら「すぐにやってみよう」と意欲がわいて来たのです。

いつもコーチングが終わった後にはワクワクした気持ちになっていました。
今では、自分の目標に向かって、一つ一つ歩き始めています。