D.G.P

「頑張ってるね」と「頑張ろうね」の違いは?!

大人の関わりで同じ言葉一つとってもみても

子どものやる気のスイッチが違ってきます。

 

images (17)

 

 

例えば、お芋ほり遠足の帰り道

「頑張れー」と言っている先生のクラスの子ども達と

「頑張ってるねー」と声をかけている

クラスの子ども達の足取りの速さが

全然違って来てしまいます。

 

 

「頑張れ」はまだ頑張っていないからもっと頑張れと励ます言葉

「頑張ってるね」はすでにもう頑張っている子どもを認めている言葉

 

 

どちらも子どもを思っての言葉ですが、

「頑張ってるね」の方が途端に張り切って

早く歩き出します。しかもニッコニコになります。

 

 

ちょっとした言葉の違いですが日々

浴びせられた言葉はお子さんに蓄積されていくわけ

ですから、影響力は大きいのです。

 

 

毎日できる天才スイッチをONにする

エッセンスを沢山発見して来ましたので、

これからもお伝えしていきますね。

 

 

子ども達が元気になって自分の能力を

どんどん発揮し、日本を元気にする!

こんなお手伝いができたら嬉しく思っています。


2014-09-29



Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/diamond-grace/www/wp-content/themes/2014_site_wordpress/single-blog.php on line 76



ブログ