D.G.P

ほめ方のコツ

本日は、
スモールステップについて
お伝えします。

前よりもちょっとできたことを
ほめる

このスモールステップを
いかに発見して日々
伝えられるかで
子どもの伸びる力も
違いますよ。

いきなり難しいものに挑戦しても
ハードルが高すぎると
嫌になって諦めてしまう事
ありますよね。

少しずつ少しずつできるように
導いてあげる事も
時には必要です。

例えば、折り紙を例にとって
お伝えしますね。

折り紙の本を見て
「これ折りたいから手伝って」と
言ってくるお子さんに対して
まずはその折り方のレベルは
この子に合っているかな?と
見分けます。

ちょっと難しそうだな、と思ったら
「これはもう少ししたらできるように
なるから、今日はこっちから
やってみようね。」と
簡単なやり方の方に誘います。

折り紙 折り紙.jpg2 3

なぜかというと
人は自分でできるように
なることが嬉しいのですが
今以上のレベルのものは
手伝ってもらわないとできません。

一度手伝ってもらって出来たとしても
次に一人でやろうとしても
出来ません。

あなたはできないのではなく
この段階からならできるよ

という導きが必要な時もあります。

そして、今のレベルよりも
少し上のレベルができたら
ほめる

この繰り返しでスムーズに
成長していくのです。

これはあくまで理想ですけれども
できない思いをさせないような
工夫は乳幼児期には
自尊心を傷つけない為に
必要だと思います。

そんな細かいところまで
子どもに気を使うの?と
思われるかもしれませんね。

私がそうでしたから。

でも、子どもの心は
見えないところで意外と
傷ついたりします。

大したことがないことと思うことがを
大切にしていく事が
天才スイッチONにする
大事なポイントだったりします。

小さな事に目を向けて
お子様を観察してみてくださいね。


2014-10-14



Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/diamond-grace/www/wp-content/themes/2014_site_wordpress/single-blog.php on line 76



ブログ