D.G.P

出来るところからひとつずつ

3歳までに天才スイッチをONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です。


セミナー1000円キャンペーン!!!
では、沢山の方のお申し込みを頂き
ありがとうございました。
12月19日(金)は満席になりました。
当日はクリスマスやお正月前だからこそ
今、知っておくとますます
能力向上に役立つポイント
もお話しますね。


今日は
出来るところからひとつずつ
についてお伝えします。

 

お子さんは成長の段階によって
できていくことが増えていきます。

 

でも、時に大人は
「何でできないの?何度言ってもわからない
この子は大丈夫かしら?」と、思う時も
あるでしょう。

 

例えば、
靴を真逆に履いてしまう
お箸を拳で掴んでしまう
洋服のボタンがとめられない

等、その都度、つまづいてしまう時が
ありますね。

 

そんな時程、口うるさく言ってしまうのでは
ないでしょうか。

 

それは、自分が心配だったり
失敗したらかわいそうだからと思ったり
時間がなかったりと理由があるからですね。

 

自分の気持ちが不安になってしまう時に
イライラしてしまうのです。

 

そんな時、まずは
どこでつまづいているのかな、と
観察してみてくださいね。

 

どこがわからなくてできないのかな?
どこが難しくて諦めちゃったかな?
わかっていないところはどこかな?

 

こんな風に考えて観察してみると
つまづきが発見できると思います。

 

そのつまづいたところだけ
改善して対処すれば良いのです。

例えば、先ほどの例ですと
靴を真逆に履いてしま

考察:右も左も見た目には区別がつかない


対処法:靴の外側に好きなキャラクターのマークを縫い付ける

「アンパンマンさんが隠れない方だよ。」
「アンパンマンさんはお外見たいんだって。」

というように、キャラクターが外側に見えるようにと伝える。

 

言うだけでは意味が理解できないなら
このように見える形で対処しましょう。

 

お箸を拳で握って食べるなら
まだ3本指の筋肉が発達していないから。
たまごボーロをつまむ遊びをいっぱいして、
3本指を鍛えましょう。

 

洋服のボタン掛けができないなら
穴にコインやおはじきを入れる遊びを
沢山して穴に通す事を覚えましょう。

 

こうして、子どもができない事を
イライラして口うるさく言ってしまう前に
観察してみましょう。

 

観察のポイント

①つまづきがどこか考える
②つまづきをどう克服するか考える
③克服するために何ができるか考え

 

そして一段階ずつできるようになったら
それで良し!なのではないでしょうか。

%LAST_NAME%様のお役に立てた事や印象に
残ったことがありましたか?

贈ってくださる素敵なコメント・質問等が、
私の励みとなります。

このメールに是非気軽に
一言ご感想を頂けたら嬉しいです。
(こちらのメールに返信でお願いします)

もし、
メルマガが面白い!と思ったら
ぜひお友だちにも、
このメルマガをご紹介くださいね。
登録フォームはこちら
https://www.agentmail.jp/form/pg/1464/1/g

 

3歳までに天才スイッチをONにする
輝きベイビー育ての専門家 伊藤美佳です。


セミナー1000円キャンペーン!!!
では、沢山の方のお申し込みを頂き
ありがとうございました。
12月19日(金)は満席になりました。
当日はクリスマスやお正月前だからこそ
今、知っておくとますます
能力向上に役立つポイント
もお話しますね。


今日は
出来るところからひとつずつ
についてお伝えします。

 

お子さんは成長の段階によって
できていくことが増えていきます。

 

でも、時に大人は
「何でできないの?何度言ってもわからない
この子は大丈夫かしら?」と、思う時も
あるでしょう。

 

例えば、
靴を真逆に履いてしまう
お箸を拳で掴んでしまう
洋服のボタンがとめられない

等、その都度、つまづいてしまう時が
ありますね。

 

そんな時程、口うるさく言ってしまうのでは
ないでしょうか。

 

それは、自分が心配だったり
失敗したらかわいそうだからと思ったり
時間がなかったりと理由があるからですね。

 

自分の気持ちが不安になってしまう時に
イライラしてしまうのです。

 

そんな時、まずは
どこでつまづいているのかな、と
観察してみてくださいね。

 

どこがわからなくてできないのかな?
どこが難しくて諦めちゃったかな?
わかっていないところはどこかな?

 

こんな風に考えて観察してみると
つまづきが発見できると思います。

 

そのつまづいたところだけ
改善して対処すれば良いのです。

例えば、先ほどの例ですと
靴を真逆に履いてしま

考察:右も左も見た目には区別がつかない


対処法:靴の外側に好きなキャラクターのマークを縫い付ける

「アンパンマンさんが隠れない方だよ。」
「アンパンマンさんはお外見たいんだって。」

というように、キャラクターが外側に見えるようにと伝える。

 

言うだけでは意味が理解できないなら
このように見える形で対処しましょう。

 

お箸を拳で握って食べるなら
まだ3本指の筋肉が発達していないから。
たまごボーロをつまむ遊びをいっぱいして、
3本指を鍛えましょう。

 

洋服のボタン掛けができないなら
穴にコインやおはじきを入れる遊びを
沢山して穴に通す事を覚えましょう。

 

こうして、子どもができない事を
イライラして口うるさく言ってしまう前に
観察してみましょう。

 

観察のポイント

①つまづきがどこか考える
②つまづきをどう克服するか考える
③克服するために何ができるか考え

 

そして一段階ずつできるようになったら
それで良し!なのではないでしょうか。

%LAST_NAME%様のお役に立てた事や印象に
残ったことがありましたか?

贈ってくださる素敵なコメント・質問等が、
私の励みとなります。

このメールに是非気軽に
一言ご感想を頂けたら嬉しいです。
(こちらのメールに返信でお願いします)

もし、
メルマガが面白い!と思ったら
ぜひお友だちにも、
このメルマガをご紹介くださいね。
登録フォームはこちら
https://www.agentmail.jp/form/pg/1464/1/g


2014-12-09



Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/diamond-grace/www/wp-content/themes/2014_site_wordpress/single-blog.php on line 76



ブログ